CEDXM連携イメージ

意匠CADとプレカットCAD双方向連携の必要性

構造設計は80%以上プレカット工場で作成されており、確定伏図で構造計算などにより「構造の安定」「柱頭柱脚金物」をチェックする必要があります。

 

意匠CAD間の双方向連携の可能性

設計事務所で確認申請、構造計算を行う場合、異なったCAD間の連携が可能となることでコストカット、双方向による確認が容易となります。

 

長期優良住宅における信頼性の向上

長期優良住宅の施行により、双方向のCADデータ連携の重要性は一層高まっています。

長期優良住宅の重要事項である「構造の安定」及び住宅履歴書の保存において、プレカットCADデータを意匠CADデータに落とすことにより長期優良住宅の生産履歴情報として保存・活用することが可能となります。

 

連携項目の比較

COPYRIGHT 2011 シーデクセマ評議会 RIGHTS RESERVED