事業の趣旨

事業の目的

長期優良住宅の拡がりと住宅生産者の消費者への説明責任の重要性が増す中、木造住宅における構造の安全性の確保は必須のものとなる。木造住宅建築並びにその資材の生産に関する技術も発展し、コンピュータを用いた設計(CAD)や、柱や梁などの構造部分の継手部分を現場施工前に工場などで加工(CAM)を併せて行うプレカット加工は、いまや軸組工法住宅の90%近くにまで普及してきている。

住宅の設計でも、建物のプランニング等設計する建築設計者と、プレカット工場の設計技術者では、使っているCADが全く異なり、これまではデータ交換が非常に難しく、今までは、建築設計者または工務店等が作成したデータを、プレカット工場で再度異なるCADソフトに入力し、加工機械を動かすためのデータに作り直していた。

このため、CAD入力のコスト、折角入力され、生成された情報を相互に連携し、活用するということができない状況にあった。

そこで、建築設計者とプレカット工場間でCADデータを交換するための中間ファイルフォーマットがあれば、個別のコンバーターソフトを用意する必要もなく、CADデータの入力のみならず、データ確認等も極めて効率的に行われることとなる。

この中間ファイルをオープン化し、標準フォーマット化することで、このことを推進しよう、として開発されたのがCEDXMである。

この中間ファイルフォーマットによって、長期優良住宅において求められる生産履歴情報が、プレカット工場に私蔵されることなく工務店等住宅生産者とのデータ連携が可能となる。つまり、設計・施工の整合性が可能となり、きちんと整備された生産履歴の保存が行われるようになる。

しかし、この中間ファイルフォーマットはまだ完成形とは言えず、一部での活用はなされているもののオープンファイルとして普及を目指すためには、これに既存フォーマットに追加してデータの受け渡しを可能にする中間ファイルフォーマットの拡張を行い、広く金物メーカーの参加を呼びかけ市場への普及を目指す。

以上を踏まえ、プレカット工場と住宅生産者をつなぐ共通フォーマットの開発をすすめる団体として、長期優良住宅の構造に於ける技術基盤の確保と普及策の一環として以下の業務を進めるものとする。

事業内容

  1. 長期優良住宅に於ける重要事項である構造の安定に関して、構造図面・構造一覧表の標準化に向けて長期優良住宅対応検討WGを設置しプレカット利用に於ける、各図書の表記の標準化の検討
  2. 長期優良住宅対応検討WGにおいて提示された内容に対する標準フォーマット「CEDXM」への改良検討の開発委員会での検討と仕様公開
  3. 検討する仕様の標準化へ向けて必要となる「構造材」「仕口情報」「金物情報」に関する情報の収集と整理
  4. 長期優良住宅に於ける構造の安定に向けた、プレカットの活用と構造データの活用に関する広報と今年度取組みの状況のインターネットを使った公開
COPYRIGHT 2011 シーデクセマ評議会 RIGHTS RESERVED